お直し

着物は直す事を前提に作られているので、様々なお直しがあります。

『お直し』とは着物を指定の寸法に直したり、着やすくするために直したり、裏地を交換をしたりすることです。
気になるところなどございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

袖丈直し
袖丈直し
袖底の縫込みを使って袖を長くしたり短くしたりします。
縫込みはカットしたり、縫い込んだりします。
振袖などで柄の位置が低くて、そのままカットすると柄が切れる場合は、袖を作り直したりします。
桁直し
桁直し
袖巾と肩巾の縫込みで裄を長くしたり短くしたりします。
袖付けの柄を合わせたり、胴裏地の布巾がせまい場合は袖をすべて解いて、作り直します。
長くする量によっては身頃の脇も縫い直します。
着物の種類によって料金が変わります。
身巾直し
身巾直し
両脇の縫込みを使って身巾を広くしたり、狭くしたりします。
ご注文寸法で柄が合わない場合は、脇と衽を縫い直したりして直します。
また、柄が無い場合は柄を描いて足したりもします。
身丈直し
身丈直し
両脇の縫込みを使って身巾を広くしたり、狭くしたりします。
ご注文寸法で柄が合わない場合は、脇と衽を縫い直したりして直します。
また、柄が無い場合は柄を描いて足したりもします。
胴裏取替え
胴裏取替え
別の裏地に取り替えます。生地代は別途。
八掛取替え
八掛取替え
別の裏地に取り替えます。生地代は別途。
ぐしぬい
ぐしぬい
なみ縫いしたものを、少し糸を引っ張って縮める。
お問い合わせについて
06-6955-2200

11:00~18:00まで受付しております。(木曜定休)

メールフォームでのお問い合わせはこちら
PAGETOP